12322705_10209532109118593_6686716455338128055_o (1).jpg

Sho Hayashi

ショクバイ株式会社 代表取締役 / EDGEof, エコシステムカタリスト / NPO法人 Bizjapan代表理事

大学3年次でのシンガポールに交換留学中、現地の政治家が 選挙演説で「日本のような失敗国を作らない」と話していた事に衝撃を受ける。文化交流等だけで日本に対するイメージを変えることに限界を感じ、ビジネス面から日本の「のびしろ」を世界に発信するべく、2011年Bizjapanを設立。
以後、「世界80億人が目標に向かって行動を起こせる社会」を目指して活動を続け、現在は渋谷にある8階建てのビル全体を使って社会に新たなプロジェクトを生み出すイノベーション・コミュニティEDGEofの構築・運営を行う。
東京大学公共政策大学院、北京大学国際関係大学院を修了後、米系コンサルティング企業A.T.カーニーを経て現職。

th_17.02.09_02_0453 (2).jpg

Yoshiko Ogawa

エゴンゼンダー・インターナショナル
ビジネスアナリスト

幼少期は転勤族。国内での引っ越しを繰り返す中で人間と集団に強い興味関心を持つ。大学時、アメリカ・ポートランドへ留学したことをきっかけに、人生を自分の意思で自由にデザインすることの楽しさを知る。自分の好きな人材分野を専門とし、世界中どこでも働けるようになりたいとの思いから、現在はアカデミックな理論に基づいた経営人材の評価やリーダーシップ育成に関するコンサルティングに従事。

16996056_1142914255838948_6949524114986670734_n.jpg

Kohei Narita

東京大学法学部4年,Gate10 共同創設者

小学校のころから、国連での難民支援に興味を抱き続け、大学入学時にその現場に携わる。その結果として難民そのものよりも、社会経済的要因による機会不平等の存在に注目し、以来その格差解消のために多様な領域で活動を行う。特に教育に可能性を感じ、イノベーション教育を地域の高校生に教えるi.clubのアシスタントディレクターを務め、政策提言まで含め現場に関わっている。ハッシャダイアンバサダーとして非大卒向けのキャリア支援も実施。

_DSC4873.JPG

Sakiko Yasuno

高校時代に日本の性別役割分業意識に疑問を持ち、大学時代はジェンダーや公共政策を学ぶ。女性起業支援の会社でのかばん持ちやキャリア選択に関するイベントの主催、スウェーデン留学を経て、父親の家庭進出やパートナーシップに関心を持つ。現在は保育関連事業を行う認定NPO法人フローレンスに在職。人と人がお互いの違いを味わう関係性を築く世界を広げたい。広島県出身。2018年京都大学総合人間学部卒業。

FB_IMG_1526727285150.jpg

Misato Nagakawa

グロービス コンサルタント
Wake Up Japan 理事

東京大学公共政策大学院Campus Asia、北京大学国際関係大学院修了。高校時代の米国留学他、中国、韓国双方への留学経験を持ち、東アジアの次世代の和解と共生に情熱を注ぐ。また、国際ロータリー第2750地区にて若者の社会貢献活動への参画、若者の社会参画を促進するWake Up Japanの理事として現在も活動している。第4回日中韓ユース・フォーラムの事務総長(2013)、韓国国内ユネスコ委員会(2014)やAP Initiative(2015)でのインターン経験を持つ。

_L2A9006のコピー.jpg

Tsubasa Kato

ロフトワーク コミュニティデザイナー
100BANCH コミュニティマネージャー

千葉県出身。株式会社ロフトワークにて、Panasonicと共同運営するインキュベーションスペース「100BANCH」にてコミュニティ・マネージャーを務める。学生時代にはIMF・世界銀行総会日本代表ユースなど、国際会議の代表を歴任し、新卒で外資系コンサルティング会社に就職。働きながら通信制の美大でデザインアプローチを学び、現職へ。

miho+higuchi.jpg

Miho Higuchi

Global Shapers Yokohama hub

幼少期をハワイで過ごした経験より、多様性の共存に興味を持つ。学生時代は難民に興味を持ち、 難民キャンプでの調査、難民シェルターでのボランティア活動や国際人権NGOアムネスティでの アルバイトを経験。途中オーストラリア国立大学政治学部にて難民政治学を専門とする。 早稲田大学政治経済学部卒業後、大手総合商社に入社し、生活産業分野における事業活動に従事。2015年よりグローバルシェイパーズに選出される

スクリーンショット 2019-04-12 7.24.26 - 坪井俊輔.png

Shunsuke Tsuboi

株式会社うちゅう/Sagri株式会社 founder兼CEO

大学に入学後、機械工学の研究を専攻をし、 現在、株式会社うちゅうのファウンダーとして人材育成及びテクノロジー領域の事業促進を実践をしていると共に、農業分野にテクノロジーをもって世界の食料問題を解決すべく、SAgri株式会社を設立し、代表取締役に就任する。 MakersUniversity 1期生、DMMアカデミー 1期生であり、TSG2016 セミファイナリスト、経済産業省 飛躍NextEnterprise 最年少採択として選ばれる。また、日本アントレプレナー大賞を受賞。

スクリーンショット 2019-04-02 14.19.39 - Kayo Osumi.png

Kayo Osumi

Mercari, Inc. JP - Product Engineering

函館出身。学生の頃から途上国の社会問題に興味を持つ。保健師として2年勤務後、民間企業へ転職。ビジネスを通じた社会貢献に関わるため2016年秋からインドへ就業。働く傍ら、ブログやYoutubeを通じインド情報を毎日発信。 2018年に帰国後、株式会社メルカリに入社し、外国籍新卒エンジニアフォロー、グローバル化施策や異文化研修を実施。非営利団体 Women Who Code Tokyoに所属し女性エンジニアの活動を支援。 Global Shapers Communityでは次世代のグローバル人材育成のため、キャリア支援やDiversity and Inclusionを中心に活動予定。

TakeruKawahima_photo - Takeru Kawashima.jpg

Takeru Kawashima

01Booster Inc. ディレクター

神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒。日系医療機器メーカーにてEMEA地域の新規市場開拓、外資系医療機器メーカーにてプロダクトマーケティングに従事した後、2017年に事業創造アクセラレーター01Boosterにジョイン。複数のアクセラレータープログラムのマネージメント、及び海外のアクセラレーターとの連携を推進している。 各国のスタートアップエコシステムの交流を促進し、相互の不足したリソースを国境を跨いで補い合える世界にすべく、2018年にアジアのVC・アクセラレーターのコミュニティであるAcross Asia Allianceを創設。中高時代を横浜で過ごす。

787722F1-E4D2-4170-98B1-739E91E42C10 - 栗山摩衣.jpeg

Mai Kuriyama

横浜市立大 学生

現在は横浜市立大に学び、今までも学生時代の大半を横浜で過ごす。国際基督教大(ICU)に在籍していた経験を持つ。小中高と均質的な学生時代を過ごしたものの、ICUでの短期留学先のカナダで多様な生き方に触れたことで、自身の軸を見つけ再受験を決意。現在、大学での専攻である理系分野にとらわれず、教育系ベンチャーで中高生の進路決定に携わるなど、一人一人が生き生きと人生を送ることのできる世の中を目指して、日々模索中。

E7D3E00E-769A-456F-9802-95C5764C7759 - Mio Saito.jpeg

Mio Saito

横浜市立大学国際総合科学部3年

福島県出身。専攻は東南アジアの地域研究。大学2年生から学生と大人がフラットな関係で対話することをコンセプトとしたワークショップに企画・運営・ファシリテーターとして関わる。活動の中でたくさんの人と出会ううちに、人とつながることの面白さに気づく。特に、ゆるいつながりの作り方、幅広い立場の人にそのつながりの場にきてもらう方法について模索中。趣味は音楽を聴くこと、エスニック雑貨屋巡り。

DA883C0E-C5FD-4ADE-9F0F-F3A69EC069CC - MIRI's channel.jpeg

Miri Hachimura

中央大学法務研究科 法務専攻専門職学位課程

1996年、神奈川県横須賀市出身。中央大学法学部卒業後、同法科大学院に入学。高校卒業時に市民を盛り上げる「ヨコスカネイビーパーカー」を発案、1000着以上を普及。社会参画事例として、中学道徳の教科書事例として採択される。また横須賀の若者プラットフォームを構築し、他地域での地域活動にも参画。2017年度には全国選抜制学生カンファレンス「G1カレッジ」の運営代表を務めた。日本学生支援機構、優秀学生顕彰にて奨励賞受賞。開国のまち、横須賀・横浜を起爆剤に、社会の「普通」を捉え直し、日本人の感性を解放させる国際派弁護士を志す。

DSC01646 - 品川優.JPG

Yu Shinagawa

Diversity Coordinator

コンサルタントとして6年間グローバル人材育成分野における制度・研修の設計、新規事業開発に従事。独立後は世界銀行や国際機関との教育関連プロジェクト、また認定NPO法人難民支援協会にて難民の就労支援に携わる。現在移民難民の社会統合や多様な人材の受け入れを支援する団体設立準備中。