miho higuchi.jpg

Miho Higuchi

Global Shapers Yokohama hub

幼少期をハワイで過ごした経験より、多様性の共存に興味を持つ。学生時代は難民に興味を持ち、 難民キャンプでの調査、難民シェルターでのボランティア活動や国際人権NGOアムネスティでの アルバイトを経験。途中オーストラリア国立大学政治学部にて難民政治学を専門とする。 早稲田大学政治経済学部卒業後、大手総合商社に入社し、生活産業分野における事業活動に従事。2015年よりグローバルシェイパーズに選出される

yoshiko ogawa.jpg

Yoshiko Ogawa

エゴンゼンダー・インターナショナル
ビジネスアナリスト

プロフィール:
幼少期は転勤族。国内での引っ越しを繰り返す中で人間と集団に強い興味関心を持つ。大学時、アメリカ・ポートランドへ留学したことをきっかけに、人生を自分の意思で自由にデザインすることの楽しさを知る。自分の好きな人材分野を専門とし、世界中どこでも働けるようになりたいとの思いから、現在はアカデミックな理論に基づいた経営人材の評価やリーダーシップ育成に関するコンサルティングに従事。

Sho Hayashi.jpg

Sho Hayashi

ショクバイ株式会社 代表取締役 / EDGEof, エコシステムカタリスト / NPO法人 Bizjapan代表理事

大学3年次でのシンガポールに交換留学中、現地の政治家が 選挙演説で「日本のような失敗国を作らない」と話していた事に衝撃を受ける。文化交流等だけで日本に対するイメージを変えることに限界を感じ、ビジネス面から日本の「のびしろ」を世界に発信するべく、2011年Bizjapanを設立。
以後、「世界80億人が目標に向かって行動を起こせる社会」を目指して活動を続け、現在は渋谷にある8階建てのビル全体を使って社会に新たなプロジェクトを生み出すイノベーション・コミュニティEDGEofの構築・運営を行う。
東京大学公共政策大学院、北京大学国際関係大学院を修了後、米系コンサルティング企業A.T.カーニーを経て現職。

_DSC4873.JPG

Sakiko Yasuno

高校時代に日本の性別役割分業意識に疑問を持ち、大学時代はジェンダーや公共政策を学ぶ。女性起業支援の会社でのかばん持ちやキャリア選択に関するイベントの主催、スウェーデン留学を経て、父親の家庭進出やパートナーシップに関心を持つ。現在は保育関連事業を行う認定NPO法人フローレンスに在職。人と人がお互いの違いを味わう関係性を築く世界を広げたい。広島県出身。2018年京都大学総合人間学部卒業。

12991054_1694386334144937_7174364389869705481_n.jpg

Haruno Tsusumi

Tech in Asia ビジネスアナリスト

埼玉県出身。早稲田大学法学部卒。世界の課題解決に貢献するために国際機関で働くことを夢見て大学時代は勉学に励み、国際法模擬裁判大会に出場して日本一になったり、スウェーデンへの留学などを経験。留学時代の友人との出会いから、全ての人が個性を最大限生かして人生をデザインすることが、世の中をもっとも良くするのではないか?という考えに行き着き、女子大生向けのアントレプレナーシッププログラムやソーシャルスタートアップのアクセラレーションプログラムにインターンとして参加。現在は、個人のプロジェクトを実現するために必要なビジネススキルを知るため、Tech in AsiaにJoin。

Fukiko_Ishikawa.jpg

Fukiko Ishikawa

社会人向け教育を提供する研修会社に勤務

大学では海外インターンシップの運営を行う学生団体に所属。様々なことに挑戦したが、就活の際、結局自分はなにをして生きたいのかに悩み、一人一人が自分の生きがいを見つけそこに取り組むにはどうしたらいいのかと考え、研修会社に就職。やりがい、生きがいがあれば人生楽しそう!という感覚のもと、社会人生活に奮闘中。
京都府出身、京都大学法学部2017年度卒。

Rina_Umemura.jpg

Rina Umemura

慶應義塾大学法学部政治学科2年

福岡県出身。高校時代の3年間をニューヨークで過ごした後、3ヶ月間のソウル留学も経験。去年1期生としてゼロイチ女子に参加したことから、自身の将来のキャリアについて深く考えるようになる。それ以来、自分のやりたいことを日々模索しながら奮闘中。今年3月に行われたSlush Tokyoでは、チームリードメンバーとして関わり、現在はタクトピア株式会社にてインターン中。グローバル教育とパフォーミングアーツに強い関心がある。趣味はミュージカル鑑賞。

amisa okamoto.jpg

Amisa Okamoto

聖心女子大学 英語英文学科 国際交流副専攻 2年 / NPO法人Bizjapan Leader in Networking and Partnership division

約100人のダンス部の部長を経験し、一人ひとりの「個」と向き合う大切さを実感。信頼の脆さと儚さゆえに真の価値を感じ、人と共に活動する難しさとその意義を学ぶ。小中高大と同じ学校に通い、目指す場所が決まっている環境で育った自分の価値観の偏りに焦りを感じ、多様な人の考え方を知りたいとBizjapanに所属。自分のやりたいことをする姿、新しいことに挑戦し、形にする環境とそれを形作る人に魅力を感じ活動中。非認知能力に興味があったことからデンマークの「自分」を軸として考え学ぶ教育スタイルに関心があり、生涯教育の先駆けとしてあるフォルケホイスコーレや、自己への深い洞察と理解、他者に対する寛容さを育む対話の時間について学んでいる。

Mizuna_Koga.jpg

Mizuna Koga

慶應大学環境情報学部1年

神奈川県出身。高校に入ってから周りの友達とは違うことがしてみたくなってボランティアを始めた。それがきっかけになり、社会福祉、特に高齢者福祉に興味を持った。終末期にある人々がどんなことを幸せと感じるのか、精神的充足のためにどんなことができるのか多角的にアプローチしたい。今春から公認会計士試験合格を目指して勉強中。趣味は弾き語りと食べること。Bizjapan6期メンバー。

Yuki_Matsunaga.jpg

Yuuki Matsunaga

早稲田大学社会科学部社会科学科3年

神奈川県出身。中学生の頃、後にノーベル平和賞を受賞されたマララ・ユスフザイ氏の銃撃事件を受けて、途上国における女性の教育を受ける権利などを含むあらゆる権利や男女平等の考え方に強く共鳴する。そこからジェンダーや国際関係に興味を持ち、サークルでは国際問題について議論する模擬国連に所属し、国際社会の問題解決の限界を多々感じてしまう。また同時に途上国を始め世界にばかり目を向けていたが、大学のジェンダー論の授業等を契機に、日本における想像以上の男女不平等の状況を知る。現在は昨今頻発しているテロの問題についてメディア、宗教、貧困格差などから多角的に捉え、テロ解決に向けた方法をチームで考えている。趣味は音楽を聴くことと食べること。

Chihiro Araki.jpg

Chihiro Araki

横浜市立大学/やりたいことプロデューサー

ゼロイチ女子1期生。大学1年生で武者修行プログラムに参加し、ベトナムで新規事業を立ち上げる経験から、「人・チーム・組織」の魅力に気づいた。現在は大学を休学し、「周りの人を笑顔にする」の人生のミッションの元、ゼロイチ女子からヒントを得た「はばたきスクール」を立ち上げたり、人事・組織開発コンサルをしたり、友達とプロジェクトを運営したり、コーチングを勉強して色々な人の「やりたいこと」をプロデュースしたりしている。